2017年04月25日

萩原朔太郎がシモキタザワで見た夢。

朔太郎没後75年。待望の東京朗読公演!
「青猫が月に吠える夜」

萩原朔太郎がシモキタザワで見た夢。
生まれ故郷・前橋での圧倒的な幸田弘子朗読公演につづき、
ついに東京でも「月に吠える」「青猫」、
そして朔太郎が亡くなるまで暮らした世田谷・下北沢の昭和が、渋谷・桜坂の伝承ホールによみがえる!
「私はいつも都会をもとめる。都会のにぎやかな群集の中に居ることをもとめる」

【出演】
 幸田弘子(朗読)
 今井尋也(小鼓)
 福島明佳(フルート)
 中川哲雄(語り)
【脚本・舞台構成】川端博
【演出】川端博 今井尋也
【企画・監修】三善里沙子


5月18日㈭ 午後2時開演
5月18日㈭ 午後7時開演
※開場は30分前


渋谷区総合文化センター大和田・伝承ホール(渋谷駅徒歩3分)
〒150-0031東京都渋谷区桜丘町23-21
※ 専用駐車場はございません。コインパーキングをご利用ください。


チケット(全席自由)
前売り3500円 当日4000円 / 学生2000円(要学生証提示)


予約・お問い合わせ
幸田弘子の会 (03)5953-8310(平日9:00〜18:00)
jinya1@megalo.biz
080-6705-1359
posted by jinya at 23:25| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: