2018年03月25日

中之条の光と影

廃校になった伊参小学校の教室の窓から沢山の光が溢れ、その光が教室の物体に照射されて無数の影が生まれている。
光と影が語りかける投影、接触、反射という三つの物語。それらはいずれも異なる世界を繋げている。
投影はあの世とこの世を。
接触は聖なるものと俗なるものを。
反射は現実と虚構を。
これらはまるで能楽の舞台のようだ。
私の過去と現在が光と影によって渾然一体となる瞬間。
教室の外に設置された鏡から太陽光が照射され、窓面に施された影絵を通過して、教室の壁面に無数の影が現れる。
地球の自転のスピードと共にその影が刻一刻と変化していく。
※なかんじょ劇団公演も同時上演(美術:津久井ひとみ)。

Light is overflowing from the window of the classroom of the elementary school which has become discontinued,
and the object in the classroom is irradiated and innumerable shadows are born.
Three stories that light and shadow speak. Projections, contacts and reflections connect different worlds.
Projection connects the world after death and this world. Contact connects holy and common.
Reflections connect reality and fiction.
It is like a stage of Noh and my past and present are united together by light and shadow.
Sunlight is irradiated from a mirror set outside the classroom,
and through the shadow paintings applied on the window surface numerous shadows appear on the walls of the classroom. The shadow changes with every moment with the speed of the Earth's rotation.
※ The same performance of NaKanjo Theater Performed at the same time (Art: Tsukui Hitomi).
posted by jinya at 23:12| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする