2016年06月20日

改めて能楽×現代劇×音楽劇=現代能楽劇?

総勢25名の気概のある役者陣と3人の音楽家、そしてスタッフ達。
全員体当たりで現代能楽劇という前人未到の領域に四苦八苦しながら挑戦してきました。
あの世とこの世を結ぶ橋掛かりの通路の先には三間四方の正方形の舞台、その角には柱、囃子方(能管、小鼓、ピアノ)、コロス(地謡合唱隊)。舞台上には役者の身体による表現と言霊が瞬間、瞬間に生まれては消えていく。あの世からこの世に呼び出された霊達と現代人のドラマ。現代の夢幻能。能のドラマツルギーを原点とした脚本と木下愛子の作曲による独自の音楽世界、そして古今東西あらゆる芸能の様式を取り込んだ演出は能楽や音楽劇、現代劇といった枠組みを軽々と乗り越えて古典芸能の息吹を鮮やかに現代に蘇らせる。
そうしてAOI NO UE(葵上)とTOMOE(巴)、二つの世阿弥の夢幻能の世界が鮮やかに現代に生まれ変わる。古代の物語を現代に置き換え、全く新しい解釈によって描き直し、能の物語の裏に隠された本当の意味を浮き彫りにする現代能楽劇。真剣に愛に向き合い、儚く強く美しく運命を辿る女達の姿は、たとえその舞台が古代であっても近未来であっても、現代人の私達に迫り来る。近未来の東京、新興宗教の教祖「光」を取り巻く表裏一体愛憎の物語と、1970年の市ヶ谷駐屯地、三島義仲と巴の愛の戦いをお楽しみください。

■公演日
6月22日(水)19:00開演(開場は30分前)
6月23日(木)19:00開演(開場は30分前)
6月24日(金)13:30開演(開場は30分前) 18:30開演(開場は30分前)

■チケット料金
前売4500円
当日4800円
学割あり(各2千円引き)※高校生以下

■会場
伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田)
http://www.shibu-cul.jp/access.html
渋谷駅から徒歩5分
大和田シャトル(ハチ公口−文化総合センター大和田)直行バス3分
ハチ公バス(夕やけこやけルート)コミュニティバス3分
※どちらもバス停「渋谷駅ハチ公口」から乗車、次のバス停「文化総合センター大和田」

お車でお越しのお客様へ
文化総合センター大和田には専用駐車場はございません。お車でお越しのお客様は周辺の一般コインパーキングをご利用ください。

■問合せ/予約
URL:http://ticket.corich.jp/apply/74353/005/
「AOI NO UE 葵上 TOMOE 巴」チケット予約ページのURLです。
このページから予約申し込みを入れると、自動的に今井尋也扱いの予約となります。

下記メールでもチケット予約・問い合わせを承ります。
jinya1@megalo.biz
※観覧日時とお名前、枚数を必ず明記してください。

■あ ら す じ

TOMOE
「巴泣く泣く賜はりて。死骸に暇{いとま}申しつつ。行けども悲しや行きやらぬ。君の名残を如何にせん。」

2016年の東京。選挙を控え、憲法改正論議が盛り上がる中、お墓参りツアーで多磨霊園を訪れた墓マイラー(墓参り愛好家)達。三島義仲(由紀夫)の墓の近くの大きな松の木の下に、何やら怪しき女が涙を流しているのを見つける。不審に思い、理由を尋ねると自分が三島の愛人(男)であったことをほのめかし、消え去る。やがて夕刻になり、先ほどの女が亡霊となって現れ、1970年市谷駐屯地での三島の割腹自殺の光景を語り、義仲と最期を共に出来なかった恨みが執心となって自分を苦しめていると訴える。


AOI NO UE
「人の恨みの深くして、憂き音に泣かせ給ふとも、生きて此世にましまさば 水闇き沢辺の蛍の影よりも、光る君とぞ契らん」

近未来の東京。新興宗教「光の源」は信者を増やし、国政にも影響を及ぼすほど隆盛を極めた。さらに教祖光(ひかる)の正妻葵(あおい)は懐妊したが、重度の子宮がんで余命宣告される。最先端医療から高僧による加持祈祷をしても一向に回復しないどころか悪化するばかり、呪術使いの照日の巫女に命じ、原因を究明する。すると悲しみの淵にいる六条(光の愛人)の生霊が破れ車に乗って現れる。横川の小聖に頼み、退治しようとすると生霊の仮面が剥がれ本当の姿が現れる。その姿は葵そのものであった。



posted by jinya at 06:41| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

能楽×現代劇×音楽劇=現代能楽劇?

tomoeaoi.png

現代能楽劇二本立て「AOI NO UE」葵上、「TOMOE」巴

いよいよチケット予約開始!
ソールドアウト必至なので早めのご予約を!

脚本、オーディション、ワークショップ、稽古と充実した日々です。
総勢25名の気概のある役者と3人の音楽家、そして優秀なスタッフ陣。
全員体当たりで現代能楽劇という前人未到の領域に四苦八苦しながら挑戦しています!
能の面白さと現代劇の面白さを洋邦楽の生演奏も付いて、両方楽しめる舞台になりました。
稽古佳境ですが、おすすめの舞台です。
ぜひともこの機会にご覧ください!

能楽×現代劇×音楽劇=現代能楽劇?

脚本・演出の今井尋也、殺陣・舞踊の演舞集団UTARIが贈る舞台作品。世阿弥の夢幻能が鮮やかに現代に生まれ変わる。能に精通した演出家による、三間四方の舞台で繰り広げられるフィジカルでシンプルな現代劇。古代の物語を現代に置き換え、全く新しい解釈によって描き直し、能の物語の裏に隠された本当の意味を浮き彫りにする現代能楽劇。近未来の東京、教祖「光」を取り巻く愛の物語と、1970年市ヶ谷駐屯地、三島義仲と巴の愛の戦い!


■公演日
6月22日(水)19:00開演(開場は30分前)
6月23日(木)19:00開演(開場は30分前)
6月24日(金)13:30開演(開場は30分前) 18:30開演(開場は30分前)

■チケット料金
前売4500円
当日4800円
学割あり(各2千円引き)※高校生以下

■会場
伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田)
http://www.shibu-cul.jp/access.html
渋谷駅から徒歩5分
大和田シャトル(ハチ公口−文化総合センター大和田)直行バス3分
ハチ公バス(夕やけこやけルート)コミュニティバス3分
※どちらもバス停「渋谷駅ハチ公口」から乗車、次のバス停「文化総合センター大和田」

お車でお越しのお客様へ
文化総合センター大和田には専用駐車場はございません。お車でお越しのお客様は周辺の一般コインパーキングをご利用ください。

■問合せ/予約
URL:http://ticket.corich.jp/apply/74353/005/
「AOI NO UE 葵上 TOMOE 巴」チケット予約ページのURLです。
このページから予約申し込みを入れると、自動的に今井尋也扱いの予約となります。

下記メールでもチケット予約・問い合わせを承ります。
jinya1@megalo.biz
※観覧日時とお名前、枚数を必ず明記してください。

■あ ら す じ

TOMOE
「巴泣く泣く賜はりて。死骸に暇{いとま}申しつつ。行けども悲しや行きやらぬ。君の名残を如何にせん。」

2016年の東京。選挙を控え、憲法改正論議が盛り上がる中、お墓参りツアーで多磨霊園を訪れた墓マイラー(墓参り愛好家)達。三島義仲(由紀夫)の墓の近くの大きな松の木の下に、何やら怪しき女が涙を流しているのを見つける。不審に思い、理由を尋ねると自分が三島の愛人(男)であったことをほのめかし、消え去る。やがて夕刻になり、先ほどの女が亡霊となって現れ、1970年市谷駐屯地での三島の割腹自殺の光景を語り、義仲と最期を共に出来なかった恨みが執心となって自分を苦しめていると訴える。


AOI NO UE
「人の恨みの深くして、憂き音に泣かせ給ふとも、生きて此世にましまさば 水闇き沢辺の蛍の影よりも、光る君とぞ契らん」

近未来の東京。新興宗教「光の源」は信者を増やし、国政にも影響を及ぼすほど隆盛を極めた。さらに教祖光(ひかる)の正妻葵(あおい)は懐妊したが、重度の子宮がんで余命宣告される。最先端医療から高僧による加持祈祷をしても一向に回復しないどころか悪化するばかり、呪術使いの照日の巫女に命じ、原因を究明する。すると悲しみの淵にいる六条(光の愛人)の生霊が破れ車に乗って現れる。横川の小聖に頼み、退治しようとすると生霊の仮面が剥がれ本当の姿が現れる。その姿は葵そのものであった。

■演出と脚本について
能の演出要素を大きく演出プランに取り込んでいます。三間四方の正方形の舞台、その角には柱、橋掛かり、囃子方(能管、小鼓、ピアノ)、コロス(合唱隊)。舞台上には役者によるフィジカルな表現が瞬間、瞬間に生まれていく。あの世からこの世に呼び出された霊達と現代人のドラマ。現代の夢幻能。今井尋也による脚本は能のドラマツルギーを原点としながら、古典芸能の息吹を斬新に現代に蘇らせる。また、能の音楽をベースに、木下愛子の作曲により新しいアプローチで独自の音楽世界を紡ぎあげます。

■公演概要
現代能楽劇二本立て「AOI NO UE」葵上、「TOMOE」巴 
【脚本・演出】今井尋也
【音楽】木下愛子(ピアノ・作曲) 今井尋也(小鼓) 一完(能管)
【殺陣】演舞集団UTARI
【参考】源氏物語  謡曲「葵上」「巴」 三島由紀夫近代能楽集
【制作・プロデュース】有限会社Yプロジェクト
【企画・制作協力】メガロシアター・演舞集団UTARI 
【協力】ライフアートユニオン  (株)アートプリントジャパン

【出演者】
蒼井さとみ
石橋敬子
内田良子
大洞雄真
葛たか喜代
加納明
川嶋杏奈
河野萌
後藤祥子
雑賀玲衣
宍倉香織
高橋つかさ
武士道
沙羅
田代俊助
丹家ひろ
朝長愛
中村光満
原田萌
平野未央
松木貴子マリア
吉田卓巳
六川裕史
成沢心
ほか
posted by jinya at 03:41| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする